★北海どんどんのお取り寄せ★
「世界一美味しい海産物を直送!!」★


北海道グルメはおいしいものばかり、全国に
北海道ブランドが浸透しているほど
ファンが多いのもうなづけます。
品質は確かだが少しでも安く買いたい人は
毎回7%割引(北海道グルメ大使は12%割引)
で購入できるこちらをオススメします。



◆お急ぎ下さい! ◆前代未聞の7ティア◆
北海道グルメアフィリエイト◆


■覆面調査モニター・ミステリーショッパー
で報酬ゲット!▼▼▼
◆グルメもショッピングも最大100%キャッシュバック!◆


◆これぞクーポン!!高額キャッシュバックGETの方法◆


外断熱もう少し詳細


ダイワハウスが外断熱をうたい始めましたね。

同じ鉄骨系プレハブ住宅の積水ハウスはまだグラスウールの充填断熱で壁を構成しています。

しかし、積水ハウスは10年くらい前から窓ガラスはペアガラスでしかも遮熱タイプのロウイーLOW-Eペアガラスでした。壁をいくら断熱しても窓から熱が逃げたり入ってきたりすることをきちんと把握していたということですね。

さすがです。

どの家も軒の出が少なくなってきましたが積水ハウスの建物は夏の日射の近赤外線も遠赤外線もロウイーガラスによって入ってきませんから暑くならないんです。

ただのペアガラスで軒の出がないと夏エアコンをつけていても窓からどんどん近赤外線が入ってきて床が熱くなり、涼しさが半減されます。

こういうこと知らない営業マンや社長さんって結構多いんですよ。

だからこれらの建材は金額が高いというだけで施主に薦めることもないんです。

実にもったいないです。 人気ブログランキングの上位を目指しています。ご協力願います。

【外断熱と外張り断熱の関連記事】

外断熱もう少し詳細


外断熱と外張り断熱の違いは以前お話しました。

まだまだ混同されていますが外断熱という言葉のほうが木造でいう外張り断熱を含んでいるようなのであえて外断熱と書きます。

外断熱とは、木造軸組やツーバイフォーの構造用合板の構造体、また鉄骨やコンクリートなどの構造体を断熱材で外側からスッポリと覆う工法です。

一方、充填断熱工法とは、柱や間柱との間にグラスウールやロックウール、セルロースファイバーなどの断熱材を充填する工法です。
コンクリートの場合は内断熱といい、コンクリートの室内側にボード状の断熱材をいれます。

鉄骨やコンクリートは熱伝導率が木に比べて高いので、外側から断熱材で覆うことは有効です。鉄やコンクリートは内外の温度に影響を受けやすいからです。

しかしながら木は?

確かに断熱材と比べれば熱伝導率は低いですが、鉄やコンクリートに比べれば熱伝導率はうんと高いです。

ガラスやアルミはもっと熱伝導率が高いです。

なんでそんなに内外の温度に影響を受けない木を高い断熱材で覆う必要があるのか?

これにはおそらく湿気に関して重大な誤解があるように思います。

透湿抵抗値という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

湿気を通さない材料は透湿抵抗値が高く、湿気を通しやすい材料は透湿抵抗値が低いのです。

湿気を通すと聞くと、隙間風が入ってくると勘違いされるかたもいますが、風は通しません。
空気は通らないからです。空気は湿気と比べて粒子が大きいので透湿すなわち湿気を透過させる
材料でかつ断熱性能が優れた断熱材が最もよいのです。

そういう意味では一番優れているのはセルロースファイバーです。

大手住宅メーカーで採用しているものが一番良いものであることはないとお考え下さい。
なぜなら、大手住宅メーカー・ハウスメーカーは全国一律に一斉に仕様変更、新商品を
一斉に同時期に出さないといけません。そうすると、そのハウスメーカーや下請けである町場の
名もない工務店やその出入りの業者、何千人という単位になりますがその方たちに新しい材料のことを
周知徹底させないといけません。

ですから、たとえばTOTOやパナソニックなどの建材メーカーが新商品を出しても、すぐに採用できない
んです。よく○○ハウスオリジナルキッチンとか○○ホームオリジナルシステムバスっていうのが
ありますが、よーく調べるとめっちゃ古い設備であることが多いんです。

脱線しましたが、断熱材に関しては、大手ハウスメーカーははっきり言って古いです。厚みも薄いし
冬は朝方めっちゃ寒いです。

セルロースファイバーで床も天井も壁も覆えばもちろん窓も木製ペアガラスかプラスチックサッシですが
外気温の影響をあまり受けずにすみます。実際に私はこの目で夏もエアコンなし、冬もエアコンなし、
お風呂の湯気が立たないがお湯の温度が冷めにくい住宅を見ています。
(お風呂の浴槽をハーフユニットにして裏側をセルロースファイバー吹き込み、風呂の壁・天井はサワラの
板、もちろん壁の断熱材はセルロースファイバーと透湿防水シート、外壁も透湿する材料だとお風呂の湯気
水蒸気は一瞬にして外に出てしまいます。)

山本順三氏が書いている本、セルロースファイバーを売りにしている工務店にあたってみると
目からうろこがおちることばかりです。

参考までに。
人気ブログランキングの上位を目指しています。ご協力願います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。