★北海どんどんのお取り寄せ★
「世界一美味しい海産物を直送!!」★


北海道グルメはおいしいものばかり、全国に
北海道ブランドが浸透しているほど
ファンが多いのもうなづけます。
品質は確かだが少しでも安く買いたい人は
毎回7%割引(北海道グルメ大使は12%割引)
で購入できるこちらをオススメします。



◆お急ぎ下さい! ◆前代未聞の7ティア◆
北海道グルメアフィリエイト◆


■覆面調査モニター・ミステリーショッパー
で報酬ゲット!▼▼▼
◆グルメもショッピングも最大100%キャッシュバック!◆


◆これぞクーポン!!高額キャッシュバックGETの方法◆


結露対策分譲マンション編


寒くなると悩まされるのが結露ですね。

特に日本のマンションはまだアルミサッシと一枚ガラスが主流です。

住宅ではペアガラスと断熱サッシが主流なだけに残念です。

さて、結露はなぜおきるのでしょうか?

室内の温度が暖かく、湿度がそこそこでもあれば、その湿度をもった温度が冷たくなるにつれ、水分を保てなくなります。ガラスやサッシが最も外気温の影響をうけやすいため、水滴の結露が起こります。

室温を上げずに、外気温と差がなければ結露は起こりませんが、現実的ではありませんね。めちゃめちゃ寒い思いをします。着込めばすむことかもしれませんけどね。

次に、暖かい乾燥した空気をガラスに吹き付けると言う意味で扇風機を窓に向けているのも効果的です。

車のデフの要領です。

あとはキッチンで煮炊きするときに換気扇を回し、室内に水蒸気を送らないことや石油ストーブを使わない、ストーブでお湯をわかすやかんを置かない、鍋ものを食べたら換気をして室内を乾燥気味にしておくなど対策はいろいろあります。

費用はかかるけど、インナーサッシをつけて窓の断熱性をあげるのも効果的です。 人気ブログランキングの上位を目指しています。ご協力願います。

結露対策賃貸アパート編


結露に関して、今回は賃貸マンション編です。

賃貸マンションも雨戸やシャッターがなく、アルミサッシと一枚ガラスがほとんどですね。

対策は分譲マンションとほとんど同じです。

室温を上げずに、外気温と差をなくす。冬はこたつかホットカーペットで過ごす。
(エアコンは暖房をつけても暖かい空気は上へ上へ行きますから足元が寒くて意味ないんです。)

暖かい乾燥した空気をガラスに吹き付けると言う意味で扇風機を窓に向ける

車のデフの要領です。

あとはキッチンで煮炊きするときに換気扇を回し、室内に水蒸気を送らないことや石油ストーブを使わない、ストーブでお湯をわかすやかんを置かない、鍋ものを食べたら換気をして室内を乾燥気味にしておくなど対策はいろいろあります。

費用はかかるけど、インナーサッシをつけて窓の断熱性をあげるのも効果的ですが、引越すときに現状復帰が難しく結果的に大家さんに寄付することになります。 人気ブログランキングの上位を目指しています。ご協力願います。

結露対策分譲住宅編

結露に関して、今回は分譲住宅編です。

分譲住宅や建売住宅は雨戸やシャッターが防犯目的で付いている家が増えてます。

しかしながらまだまだアルミサッシと一枚ガラスがほとんどで、ペアガラスや断熱サッシを採用した分譲住宅はまだ一部です。

東栄と名がつく住宅会社はたしか全棟ペアガラスが標準でした。

東栄さんはレベル高いです。

対策は分譲マンションや賃貸マンションとはちょっと変わってきます。

大きな違いは窓の数でしょうね。

掃きだしサッシや腰窓タイプはシャッターがついていれば、毎晩シャッターを閉めることで一枚ガラスのサッシより断熱します。

問題は小窓やルーバー窓です。

まず、カーテンは薄いレースのものと、分厚い遮光断熱カーテンの2枚にし、
窓台の下10〜15cmくらい長いカーテンにすることです。

窓からの冷気(コールドドラフトと言います)があたかも隙間風が吹いているかのように
上から下へ降りてきます。このコールドドラフトをカーテンで止めてしまうのです。

これだけでも冬場の寒さ対策になります。

結露というのは、室内の温度が外気温と差があり、室内の湿度が高い時に、室内の
水蒸気が最も冷たい場所(アルミサッシ・1枚ガラス、トイレの便器など)で水滴に
なるのです。

ですから、室内の温度と外気温の温度差を広げないようにすることも対策になります。
もうひとつは、暖房をつけるなら乾燥気味にして、湿気=水蒸気を少なくすることも
結露対策になります。(乾燥気味は風邪を引きやすくしますからご注意)
それから、空気を常に循環させておくことも結露対策になります。

結露は家を傷ませて建物の寿命を短くする一番の原因ですから賢く対策をとりましょう。 人気ブログランキングの上位を目指しています。ご協力願います。

結露対策注文住宅編

結露に関して、今回は注文住宅編です。

注文住宅は文字通り施主自ら建てたい家を設計してもらうのですから、
予算が許す限りという条件付きですが、一番断熱性能が弱い窓には
断熱アルミペアガラスを最低つけたいものです。

ペアガラスはガラスとガラスの間の空気層を10から12ミリあるものにしてください。
これ以上でも以下でも断熱性能は落ちるからです。

シャッターは防犯目的で予算が許す限り付けましょう。

小窓に関しても断熱サッシペアガラスがよいです。

ルーバー(ジャロジー)窓はガラスが2枚ずつ付いているものがありますが、
断熱や気密性がよくありません。このような窓より
縦滑り出し窓やオーニング窓をおすすめします。

あとは換気です。24時間換気システムは2時間に1回
室内の空気が入れ替わるというものですが、
風の性質を頭にいれてないといけません。

風というのは障害物がなければ入口から出口まで
まっすぐに移動するということです。

ですから、空気の取り入れ口と吐きだし口の間に障害物、
たとえばソファや家具などを置くだけでもよいです。
風はその障害物にあたり、曲がり、回りながら出口に向かいます。

風の入口から出口が見えないようにすることが部屋の隅々まで換気する重要なポイントなのです。

こうすることで空気が滞留して澱まなくすることができるので結露はより起こりにくくなります。 人気ブログランキングの上位を目指しています。ご協力願います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。