★北海どんどんのお取り寄せ★
「世界一美味しい海産物を直送!!」★


北海道グルメはおいしいものばかり、全国に
北海道ブランドが浸透しているほど
ファンが多いのもうなづけます。
品質は確かだが少しでも安く買いたい人は
毎回7%割引(北海道グルメ大使は12%割引)
で購入できるこちらをオススメします。



◆お急ぎ下さい! ◆前代未聞の7ティア◆
北海道グルメアフィリエイト◆


■覆面調査モニター・ミステリーショッパー
で報酬ゲット!▼▼▼
◆グルメもショッピングも最大100%キャッシュバック!◆


◆これぞクーポン!!高額キャッシュバックGETの方法◆


結露対策注文住宅編

結露に関して、今回は注文住宅編です。

注文住宅は文字通り施主自ら建てたい家を設計してもらうのですから、
予算が許す限りという条件付きですが、一番断熱性能が弱い窓には
断熱アルミペアガラスを最低つけたいものです。

ペアガラスはガラスとガラスの間の空気層を10から12ミリあるものにしてください。
これ以上でも以下でも断熱性能は落ちるからです。

シャッターは防犯目的で予算が許す限り付けましょう。

小窓に関しても断熱サッシペアガラスがよいです。

ルーバー(ジャロジー)窓はガラスが2枚ずつ付いているものがありますが、
断熱や気密性がよくありません。このような窓より
縦滑り出し窓やオーニング窓をおすすめします。

あとは換気です。24時間換気システムは2時間に1回
室内の空気が入れ替わるというものですが、
風の性質を頭にいれてないといけません。

風というのは障害物がなければ入口から出口まで
まっすぐに移動するということです。

ですから、空気の取り入れ口と吐きだし口の間に障害物、
たとえばソファや家具などを置くだけでもよいです。
風はその障害物にあたり、曲がり、回りながら出口に向かいます。

風の入口から出口が見えないようにすることが部屋の隅々まで換気する重要なポイントなのです。

こうすることで空気が滞留して澱まなくすることができるので結露はより起こりにくくなります。 人気ブログランキングの上位を目指しています。ご協力願います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108714409
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。