★北海どんどんのお取り寄せ★
「世界一美味しい海産物を直送!!」★


北海道グルメはおいしいものばかり、全国に
北海道ブランドが浸透しているほど
ファンが多いのもうなづけます。
品質は確かだが少しでも安く買いたい人は
毎回7%割引(北海道グルメ大使は12%割引)
で購入できるこちらをオススメします。



◆お急ぎ下さい! ◆前代未聞の7ティア◆
北海道グルメアフィリエイト◆


■覆面調査モニター・ミステリーショッパー
で報酬ゲット!▼▼▼
◆グルメもショッピングも最大100%キャッシュバック!◆


◆これぞクーポン!!高額キャッシュバックGETの方法◆


天井が高いのに部屋が狭く感じるのは?

最近の住宅の天井高は2400mmくらいあります。
天井高は高いです。
でも意外と部屋が狭く感じるのはなぜだかわかりますか?

逆に、家が狭くても、広く感じさせる方法があるのをご存知ですか?

では先に天井高が高いのに部屋が狭く感じるのはなぜか?

それはドアやふすまなどの上にある垂れ壁のせいです。
垂れ壁が視線をさえぎってしまうからなんです。

ですから、天井がつながって見えるだけで広く感じるんです。
これほんとです。(住宅展示場では確認することができません、あしからず。)

ところが高さ2400mmまでのドアやふすまは特注でしか作れません。
また、無垢でつくると反りや狂いが生じます。

天井だけ高くしてもそれほど開放感はないんです。

一方、家が狭くてももう少し天井高を低く、2250mmくらいにしても
ドアを天井までの高さにして天井をつなげてしまえば、あら不思議、狭く感じません。
視線が遠くにいくからです。

もう一つ、動線の先に窓を配置して外に、遠くに視線がいくようにすると
家は広く感じます。本当ですよ。
人気ブログランキングの上位を目指しています。ご協力願います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。